So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ケンブリッジ(6月7日-8)81 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジ(6月7日-8)81

静岡の講演の準備などで忙しく、更新が途絶えがちですみません。元気ですのでご心配なく。


Cambridge University Pressを出て、ちょっと歩いて、今度はheffersという本屋さんに来ました。道に面したショーウィンドウには、日本文学の書籍、父の翻訳も出ていました。父にとって英国で一番好きな本屋さんのようです。

054 (640x424).jpg
055 (640x424).jpg
057 (640x424).jpg
059 (640x424).jpg
060 (640x424).jpg
062 (424x640).jpg

nice!(2)  コメント(1) 

ケンブリッジ(6月7日-7)80 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジ(6月7日-7)80

1,2,3枚目の写真の建物は、ここで父が特別な勲章を頂いたところだそうです。

それからまた先へ行って、今度はCambridge University Pressという、これまた父に馴染みの書店兼出版社へはいりました。父は早速、自分の処女作「国性爺合戦」The Battles of Coxingaがどうなっているか、店員さんに聞いてみました。1951年の初版で、既に絶版になっていました。

 
048 (640x424).jpg
049 (640x424).jpg
050 (640x424).jpg
051 (640x424).jpg
052 (640x424).jpg
053 (640x424).jpg

nice!(2)  コメント(0) 

ケンブリッジ(6月7日-6)79 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジ(6月7日-6)79

歴史ある学問の街、ケンブリッジは、実に父に似あっていました。

042 (640x424).jpg
043 (640x424).jpg
044 (640x424).jpg
045 (640x424).jpg
046 (640x424).jpg
047 (640x424).jpg

nice!(1)  コメント(2) 

ケンブリッジ(6月7日-5)78 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジ(6月7日-5)78

父の歩く姿は、なんとなく愛嬌があります。

036 (640x424).jpg
037 (424x640).jpg
038 (640x424).jpg
039 (424x640).jpg
040 (424x640).jpg
041 (424x640).jpg

nice!(1)  コメント(0) 

ケンブリッジ(6月7日-4)77 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジ(6月7日-4)77

ケンブリッジらしい建物や風景に、溶け込むように父は歩いていましたが、ロンドン橋でのテロの影響でしょう、警察官によく出会いました。

028 (640x424).jpg
029 (640x424).jpg
030 (640x424).jpg
031 (424x640).jpg
034 (424x640).jpg
035 (640x424).jpg

nice!(1)  コメント(0) 

ケンブリッジ(6月7日-3)76 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジ(6月7日-3)76

その建物の前でしばらく佇んで記念撮影をし、それからまた歩き始めました。

019 (640x424).jpg
019 (640x424).jpg
022 (640x424).jpg
024 (424x640).jpg
025 (424x640).jpg
026 (424x640).jpg
027 (640x424).jpg

nice!(2)  コメント(0) 

ケンブリッジ(6月7日-2)75 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジ(6月7日-2)75

ホテルを出て歩きはじめると、直ぐに或る建物の前に来ました。その建物を見るなり、父は、「あっ!」と叫びました。それは、Mill Laneという通りの名称を見て確実になりました。なんとその建物は、この二階の200名ほどもはいる部屋で、父が5回の日本文学についての講演をした建物でした。200名入る部屋に、いつもたった10名ほどの知人や友人だけで非常に落胆し、日本文学を捨てて別の言語を学ぼうとしました。しかし他の言語は父には向いていなかったようです。

が、その講義は、後に「日本の文学」(Japanese Literature)として数か国語に翻訳されいまだに売れ続けています。日本語訳は、三島由紀夫の序文で、吉田健一が訳しました。

013 (424x640).jpg
014 (640x424).jpg
015 (640x424).jpg
016 (640x424).jpg
017 (640x424).jpg
018 (640x424).jpg

nice!(1)  コメント(2) 

静岡の日本平ホテルで「聞かせて、キーン先生」(11月17日) [講演]

静岡の日本平ホテルで「聞かせて、キーン先生」(11月17日)

もう間もなくですが、11月17日(金)には、静岡市の日本平ホテルで、「聞かせて、キーン先生」と題された、ドナルド・キーンとキーン誠己の講演会と演奏がございます。

こちらも楽しい会になりそうです。どうぞよろしくお願い致します。

2017-11-17「聞かせて、キーン先生」日本平ホテルJPEG1.jpg
2017-11-17「聞かせて、キーン先生」日本平ホテルJPEG2.jpg

nice!(2)  コメント(2) 

新潟市でも『弘知法印御伝記』ロンドン公演記念(12月3日) [「越後國・柏崎 弘知法印御伝記」の公演]

新潟市でも『弘知法印御伝記』ロンドン公演記念(12月3日)

9月の柏崎に続いて、新潟市のりゅーとぴあでも、『弘知法印御伝記』がロンドンの大英図書館で上演されたことを記念して、同様な公演が開催されます。

柏崎より、新潟の方が東京方面から来られるには便利だと思います。どうぞくれぐれもよろしくお願い致します。

2017-12-03ロンドン公演記念『弘知法印御伝記』新潟市JPEG.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

ケンブリッジ(6月7日-1)74 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジ(6月7日-1)74

またケンブリッジに戻ります。日は変わって6月7日になりました。


9時、ホテルの朝食は、なかなか美味しかったです。父は朝から食欲もりもりでした。部屋に一度帰って休憩しました。

それから11時に、Sainsbury Institute(セインズベリー日本藝術研究所)の水鳥さんが会いに来て下さいました。


ご主人は、ケンブリッジ大学の先生で、今回私たちがケンブリッジ大学を訪問する際に大きな力になって下さいました。

その頃には我々のスタッフが集まり始めていました。

003 (640x424).jpg
004 (640x424).jpg
005 (640x424).jpg
007 (424x640).jpg
010 (424x640).jpg
011 (640x424).jpg

nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | -