So-net無料ブログ作成

ケンブリッジにて(6月7日-1)10 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジにて(6月7日-1)10

この日の朝食は9時でした。

10時に、日本から帰国されたばかりの、センズベリー日本藝術研究所の水鳥真美さんとケンブリッジ大学名誉教授のリチャード・バウリング先生とホテルでお目にかかりました。

それから撮影班らの皆さんと11時にホテルを出発しました。

寒い一日で、翻訳者の角地さんが助言して下さったように、セーター、コート、マフラーを持参して良かったです。

ホテルを出ると直ぐに、ある建物に気づいて父は、あっ!と叫びました。

自伝などでよく書いていますが、この建物の中(たぶん二階とのこと)で、ケンブリッジ時代に200名ほどの会場で、四回の日本文学の講義をしたのですが、知人友人など10名しかいなくて、がっかりして日本文学をあきらめようとさえ考えたそうです。

その講演原稿は、吉田健一さんの訳で『日本文学』という本になり、また多くの外国語に翻訳されていまだに売れ続けています。

最後の二枚の写真がその建物の前で撮った写真です。Mill Laneという通りの名称のプレートがありました。

003 (640x424).jpg
008 (640x424).jpg
012 (640x424).jpg
014 (640x424).jpg
015 (640x424).jpg
018 (640x424).jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。