So-net無料ブログ作成

ケンブリッジにて(6月6日-1)2 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジにて(6月6日-1)2

昨日も素晴らしい一日になり、父も私も至福の時を過ごしました。 父が所属し教えていた、コーパス・クリスティ・カレッジに行きました。ちょうど学生さんたちの試験期間中で普通の方は入ることは許可されていませんでしたが、撮影の方達の細かい交渉と熱意が実って特に許して頂きました。 1時の約束だったのでその時間に行ったのですが、2時に来て欲しいと言われ、キングス・カレッジのチャペルの近くのレストラン(前日と同じ)でスープなどを食べながら時間をつぶして、それからまた行きました。 先ずコーパス・クリスティ・カレッジの図書館・パーカー・ライブラリーでした。千年も前の手書きの書物、それも特別に貴重な書物の宝庫でした。コーパス・クリスティ・カレッジはそのものが小さい大学で、図書館も小さいのですが、ものすごく貴重な書物ばかりで、ここは特別な図書館なのだそうです。父は一時間近く、丁寧な説明を受けながら見学しました。ケンブリッジ時代に父が大変お世話になったディケンズ夫人のご主人が、1968年に館長をつとめておられたそうですから、本当に父とは縁が深く、説明して下さった方も驚いていましたし、喜んでおられました。ディケンズ夫人のご主人は、アングロサクソン語がご専門で大変な学者さんだったそうです。 その後、予定にはなかったOld Courtを見学しました。父の熱意が通じてその場で許可して頂き、父と私と、撮影のおひとりの丸山さんだけがはいることが出来ました。 ディケンズ夫人のご主人がここに一室を持っておられ、よくお訪ねしたので、大変思い出があり、ここに入るなり父は大歓声をあげて喜びました。14世紀の建物だそうです。全く美しい建物のと中庭で、私たちは中庭を一周することも許されました。

100 (640x424).jpg
112 (640x424).jpg
133 (640x424).jpg
135 (640x424).jpg
154 (640x424).jpg
170 (424x640).jpg

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:演劇