So-net無料ブログ作成

ケンブリッジにて(6月8日-2)5 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジにて(6月8日-2)5

セーターが必要でしたが、さわやかで楽しい散歩でした。

028 (424x640).jpg
031 (640x424).jpg
033 (640x424).jpg
038 (640x424).jpg
040 (640x424).jpg
042 (424x640).jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ケンブリッジにて(6月8日-1)4 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジにて(6月8日-1)4

ホテルは最初は一泊だけ、中心から離れたラマダというホテルでしたが、Double Tree by Hiltonという町の中心に変わりました。5日だけラマダで6日からDouble Tree by Hiltonでした。

8日の朝食後しばらく部屋で休んで、ホテルの裏の散歩道にふらりと散歩に出かけました。11時少し前でしたが、とても快適で気持ちの良い散歩でした。

002 (640x424).jpg
009 (424x640).jpg
013 (424x640).jpg
015 (640x424).jpg
022 (640x424).jpg
027 (424x640).jpg

nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:演劇

ケンブリッジにて(6月6日-2)3 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジにて(6月6日-2)3

別の方法でやってみたら、更新できました。英国滞在も後3日になったのであまり更新できませんが、よろしくお願い致します。今日は、ソールズベリーでアップしています。

ケンブリッジ二日目の6月6日の二回目です。父が所属していたコーパス・クリスティ・カレッジに新潟放送の方や、コーパス・クリスティ・カレッジで現在教えておられるバラク・クシュナー先生ご夫妻のご尽力で、試験期間にもかかわらず特別な許可を頂き訪問することができました。試験期間というのは学生や関係者以外ははいれないということでした。

前回は、図書館などをご紹介しましたが、父がお世話になったディケンズさんは、1968年に館長をされていたということが今回分かりました。

チャペルは、キングス・カレッジに比べて小さかったですが、落ち着いた美しいチャペルでした。ロンドン・ブリッジのテロで亡くなった方の追悼のミサがあったとのことで、ろうそくの火がともされたままでした。

その後、学長室で学長ご夫妻とお茶の時間がありました。学長夫妻に歓迎して頂き、父も大変喜びました。著書のThe First Modern Japanese A Life of Ishkawa Takubokuをプレゼントさせて頂き、学長からもコーパス・クリスティ・カレッジについての書籍をプレゼントして頂きました。

夜は、スチールの江口さんと宮澤さんが見つけて下さったイタリアレストランMIMOSAへ行きました。メニューはない父の大好物、ブルーチーズ味のニョッキもシェフに作ってもらい、上機嫌でした。

帰りは、8時半を回っていましたが、ご覧の通りまだ明るかったです。最後の写真です。

後でわかったのですが、この通りはPark Paradeという名前ですが、この通り上にある一軒は、父が生まれて初めて自分で買った家でした。

179 (640x424).jpg
188 (424x640).jpg
196 (424x640).jpg
218 (640x424).jpg
240 (640x424).jpg
295 (640x424).jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇