So-net無料ブログ作成

ケンブリッジ(6月5日-8)8 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジ(6月5日-8)8

King's CollegeのChapelのコーラスが始まる前に時間があったので、他を廻ることにしました。父は、全く迷うことなく私たちを後方に引き連れてどんどん先へ進んでいきました。とても94歳とは思えない歩く速さでした。

270 (640x424).jpg
271 (640x424).jpg
272 (424x640).jpg
273 (424x640).jpg
274 (640x424).jpg
275 (640x424).jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ケンブリッジ(6月5日-7)7 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジ(6月5日-7)7

King's Collegeの前の父の様子です。

262 (424x640).jpg
263 (640x424).jpg
265 (424x640) (2).jpg
266 (640x424).jpg
267 (640x424).jpg
268 (640x424).jpg

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

ケンブリッジ(6月5日-6)6 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジ(6月5日-5)5

父が言うには、「King's CollegeのChapelは、Chapelそのものも素晴らしいが、コーラスは素晴らしかった。叶うことなら是非聴きたい」と。


どなたか撮影のスタッフの方が、聴きに行ってしばらく待てば始まる、との情報を得て下さったのですが、父は自ら行って直接写真の女性の説明を受けました。

父にとっては、King's Collegeは、自身の所属していたCorpus Christi Collegeではないが、アーサー・ウエーリやE.Mフォースターが所属していたCollegeなのでとても思い出が深いのです。

写真は、懐かしそうにKing's Collegeのことを話す父の様子です。

255 (640x424).jpg
256 (640x424).jpg
257 (640x424).jpg
258 (640x424).jpg
259 (424x640).jpg
260 (640x424).jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ケンブリッジ(6月5日-5)5 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジ(6月5日-5)5

たぶんチェックインして部屋にはいるまでに30分ほどかかったと思います。それから写真はありませんが、少し荷物を解いて、遅めの昼食をしましょう、ということになりましたが、近くにはしかるべきお店はないとのことでした。

仕方なくまたバスに乗って、ケンブリッジの駅前に行きファーストフードのお店で簡単な昼食と、あいなりました。時間は、もう4時にもなっていました。皆疲れていました。父も鳥越先生もお疲れのご様子です。私も勿論疲れていました。自分のことで恐縮ですが、なにしろ二日間大英図書館の本番の舞台をつとめて、一日置いただけですから。一時間の弾き語りを二日間、というのはかなりハードなものだと思います。

ここからが問題です。全員がホテルに帰って一休み、と思っていました。父に私が、「さあ帰って今日は休みましょう」というと、「ケンブリッジまで来て、なんで休む必要がありますか。まだ早いですから見物に出かけましょう」と憮然として言いました。これには、皆々全く驚きました。父のタフさに驚くやら、一方では撮影や取材の機会に恵まれて喜ぶやらでした。

早速またバスに乗り込んで、中心地に向かいました。降り立ったのは、キングスカレッジの前でした。

鳥越先生ら何人かは、私の記憶に間違いなければファーストフードからタクシーで帰られたと思います。

246 (640x424).jpg
248 (640x424).jpg
249 (424x640).jpg
250 (640x424).jpg
252 (640x424).jpg
253 (640x424).jpg

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:演劇

ケンブリッジ(6月5日-4)4 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジ(6月5日-4)4

荷物をチェックしているところへ、父と私がやってきました。鈴木さんにツーショットしてもらいました。

鳥越先生も降りて来られ、ロビーで腰を下ろして、スタッフの方達がチェックインして下さって、部屋が決まるのを待ちました。

237 (640x424).jpg
240 (424x640).jpg
241 (640x424).jpg
242 (640x424).jpg
244 (640x424).jpg
245 (640x424).jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ケンブリッジ(6月5日-3)3 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジ(6月5日-3)3

バスは結構がらがらです。乗ったのは10人ちょっとだったのではないでしょうか?

途中、英国の田舎の風景も展開し、私たちは楽しみました。

そして1時間半もかからず、休憩もなしで、目的地のケンブリッジの中心から少し離れたラマンダホテルに着きました。

荷物を下ろしてチェックしているところです。

227 (640x424).jpg
228 (640x424).jpg
230 (640x424).jpg
232 (424x640).jpg
233 (640x424).jpg
234 (640x424).jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ケンブリッジ(6月5日-2)2 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジ(6月5日-2)2

バスからロンドンの風景を、父は見つめていました。いろいろ説明してくれたと思いますが、私は忘れてしまいました。すみません。私達親子の写真は、東京新聞の鈴木さんが撮って下さいました。

213 (640x424).jpg
214 (640x424).jpg
220 (640x424).jpg
221 (640x424).jpg
223 (640x424).jpg
225 (640x424).jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ケンブリッジ(6月5日-1)1 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジ(6月5日-1)1

柏崎からちょっと遠いですがケンブリッジのことを書かせて頂きます。柏崎にはまた戻ります。


ロンドンは、136回で終わりではなく、ケンブリッジとソールズベリーの後またロンドンに戻りますから137回目からがまたあります。


日も変わって6月5日になりました。

12時少し前に、ホテルにバスが迎えに来ました。その前に、私たちは荷物をポーターさんに預けて、フロントでチェックアウトしていました。ドナルド・キーン・センター柏崎の大西さんが、ポーターの方達と荷物を運んで下さいました。

そして荷物をバスに積み込んで、いざ出発しました。バスは撮影スタッフや取材の方達が一緒でした。窓外の風景を楽しみながら、なかなか快適でした。

203 (424x640).jpg
204 (424x640).jpg
206 (640x424).jpg
207 (424x640).jpg
208 (640x424).jpg
212 (640x424).jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

柏崎公演2(9月23日) [「越後國・柏崎 弘知法印御伝記」の公演]

柏崎公演2(9月23日)

ホームで父とバイチマン先生は、久しぶりだったのでとても嬉しそうでした。

ブルボンの田口さんが車で迎えに出て下さっていました。

私はリハーサルがあるので、会場の柏崎産業文化会館へ直行してもらいました。私だけそこで降りて、父と吉崎さん、バイチマン先生夫妻は、ドナルド・キーン・センター柏崎へ行って写真展などを見学し楽しみました。

私は、スタッフの方達が舞台で打合せしているところを撮影し、それから人形遣いさん達に挨拶して、自分の準備に取り掛かりました。ですから写真を撮っている時間はありませんでした。

3時半に楽屋について準備を始め、5時にリハーサルが始まり、一時間で終わりました。大英図書館の公演から四か月近く経っていましたが、思ったよりスムーズでよかったです。

168 (640x424).jpg
169 (640x424).jpg
170 (640x424).jpg
171 (640x424).jpg
173 (640x424).jpg
174 (640x424).jpg

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:演劇

柏崎公演1(9月23日) [「越後國・柏崎 弘知法印御伝記」の公演]

柏崎公演1(9月23日)

写真を撮ってもらえる方がなくて、とても写真が少ないのですが、柏崎公演についてご報告させて頂きます。


『越後國 柏崎 弘知法印御伝記』をロンドンの大英図書館で上演しましたが、その記念公演が9月24日に行われました。23日のお昼前に、いつものように吉崎さんに付き添って頂き家を出ました。

新幹線は、上野駅発、12時半過ぎでした。車内でサンドイッチの昼食をとり、父は読書をじていました。そして、長岡駅が14:40頃でしたが、ホームで教え子のバイチマン先生夫妻と落ち合いました。

157 (640x424).jpg
158 (424x640).jpg
163 (424x640).jpg
165 (640x424).jpg
166 (640x424).jpg
167 (640x424).jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇