So-net無料ブログ作成
検索選択

帰国(6月13日と14日)2 [ドナルド・キーン]

帰国(6月13日と14日)2

約11時間のフライトの予定でした。食事もしっかりとり、父としては飛行機の中でよく眠れてご機嫌でした。予定より30分ほど早く到着しました。荷物を引き取って、外に出ようとすると函館市立文学館の元館長、藤井さんにお声を掛けて頂きました。これにも驚きました。

外に出ると、国際交流基金の方やいつものお迎えのメンバーが待っていて下さり、車に乗り込んで帰りました。羽田着14日の14::00頃だったと思われます。

047 (640x424).jpg
059 (424x640).jpg
068 (640x424).jpg
074 (640x424).jpg
076 (640x424).jpg
079 (640x424).jpg

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

帰国(6月13日と14日)1 [ドナルド・キーン]

帰国(6月13日と14日)1

帰国後初めての更新です。先ずは、帰国報告をさせて頂きます。

13日ロンドンを発つ日、お昼にホテルの地下を散歩したり買い物したり昼食したりして時間をつぶしていました。するとなんと、ばったりバイオリニストの庄司紗矢香さんに会いました。世の中、こんなことがおこるものなのですね。全く驚きました。

ホテルには国際交流基金の方おふたりがお迎えに来て下さって、タクシーで出発しました。15:45くらいでした。ヒースローには、17:15頃でした。無事チェックインして、セキュリティもパスして、車いすや電動式の車に乗せてもらって、かなりの距離でしたが、ラウンジに行って一休みし、それから離陸前15分に搭乗しました。ロンドン時間で、6月13日、午後7時でした。

022 (640x424).jpg
025 (424x640).jpg
027 (640x424).jpg
029 (424x640).jpg
030 (640x424).jpg
038 (640x424).jpg


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ケンブリッジにて(6月7日-9)18 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジにて(6月7日-9)18

見学させて下さる学長の秘書の女性が来られるまでしばらく、入り口で待ちました。写真は待っている時に撮影しました。トリニティ・カレッジの創設は、1546年で創設者は、あのヘンリー八世というからすごいです。

118 (640x424).jpg
119 (640x424).jpg
121 (640x424).jpg
123 (424x640).jpg
125 (640x424).jpg
126 (640x424).jpg

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

ケンブリッジにて(6月7日-8)17 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジにて(6月7日-8)17

次に向かった先は、トリニティ・カレッジでした。最後の写真が、トリニティ・カレッジです。




この日、私たちは特別な許可を得て、トリニティ・カレッジに入れて頂き、見学させてもらうことができました。但し撮影陣は入れてもらうことができず、入れたのはドナルド・キーンと私、そして同行して下さった東京新聞の鈴木さんの三人でした。2時半頃でした。

109 (640x424).jpg
110 (640x424).jpg
111 (640x424).jpg
113 (640x424).jpg
115 (640x424).jpg
117 (640x424).jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ケンブリッジにて(6月7日-7)16 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジにて(6月7日-7)16

キングス・カレッジの前を通って行った先は、かのバートランド・ラッセルとビールを飲みながら毎週話し合ったパブでした。今はビールを全く飲まないので、ここではビールを飲む形だけしてもらいました。

085 (640x424).jpg
087 (424x640).jpg
089 (640x424).jpg
095 (424x640).jpg
099 (640x424) (2).jpg
102 (640x424).jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ケンブリッジにて(6月7日-6)15 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジにて(6月7日-6)15

今、ロンドン時間で6月12日夜11時過ぎですが、明日帰途につきます。


Heffersは、若い頃父が良く行った本屋さんだそうです。ここでもお店の人に話しかけていました。当時の店主のことを話していたようです。

Heffersを出てまた歩きました。最後の写真は、父がケンブリッジから特別な勲章をもらった建物だそうです。

068 (640x424).jpg
073 (640x424).jpg
076 (640x424).jpg
078 (640x424).jpg
080 (640x424).jpg
083 (640x424).jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ケンブリッジにて(6月7日-5)14 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジにて(6月7日-5)14

Cambridge University Pressで、父はお店の人となにか話していました。私はその間にお土産のバッグを買いました。

Cambridge University Pressを出ると、少し歩くとHeffers(ヘファーズ)という本屋さんがありました。店頭のウィンドウには、ドナルド・キーン訳の三島由紀夫の『宴のあと』など、日本関係の書籍が飾られてありました。見せの中にも日本関係の小説などが積まれていました。

054 (640x424).jpg
055 (640x424).jpg
058 (640x424).jpg
059 (640x424).jpg
060 (640x424).jpg
063 (424x640).jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ケンブリッジにて(6月7日-4)13 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジにて(6月7日-4)13

父も私たちもケンブリッジの美しさに魅了されました。

最後の写真は、Cambridge University Pressですが、ここから父は最初の本を出版しました。『国性爺合戦』の翻訳と論文が掲載された本でした。

042 (640x424).jpg
043 (640x424).jpg
047 (640x424).jpg
049 (640x424).jpg
050 (640x424).jpg
052 (640x424).jpg

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

ケンブリッジにて(6月7日-3)12 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジにて(6月7日-3)12

実は、父は今回のケンブリッジ来訪は左程乗り気ではありませんでした。私や撮影班に後押しされた感じでした。しかし実際来てみると、父は大いに興奮し、大いに喜びました。本当に来て良かったと思いました。

030 (640x424).jpg
034 (424x640).jpg
035 (640x424).jpg
036 (640x424).jpg
039 (424x640).jpg
040 (424x640).jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ケンブリッジにて(6月7日-2)11 [ドナルド・キーン]

ケンブリッジにて(6月7日-2)11

日本文学について四回の講演をした思い出の建物が、偶然にもホテルのすぐそばだったことに本当に驚きました。

父も、同行の私たちも。

その建物の前で記念撮影した後、裏の方に向かって少し歩きました。古い町並みが、とても父に似あいました。テロの影響でしょう、いたるところで警察官が警戒していました。

022 (640x424).jpg
023 (424x640).jpg
025 (424x640).jpg
026 (424x640).jpg
027 (640x424).jpg
029 (640x424).jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇