So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

演劇界5月号「鬼怒鳴門先生の思い出」(織田紘二さん) [掲載記事・取材など]

演劇界5月号「鬼怒鳴門先生の思い出」(織田紘二さん)

この追悼文は、三島由紀夫さんを通じて父の友人でいらっしゃった織田(おりた)紘二さんによる追悼文です。非常に貴重な文章だと思いました。なにしろ私の知らない時代の父のことですから。

2019-04演劇界5月号「鬼怒鳴門先生の思い出」(織田紘二)2.jpg
2019-04演劇界5月号「鬼怒鳴門先生の思い出」(織田紘二)1.jpg

nice!(2)  コメント(3) 

『和楽』6,7月号は、追悼と連載の最終回 その2 [掲載記事・取材など]

『和楽』6,7月号は、追悼と連載の最終回 その2

連載「鬼怒鳴門亭日乗」の最終回の本文です。

着物についての続編ですが、これが本当の最終回です。

まさに日本文化、日本の美しさの代表のひつととも言える着物についてでしたから、ドナルド・キーンの連載の最終回として相応しいものだったと思います。

DSC02839.JPG
DSC02840.JPG

nice!(1)  コメント(11) 

『和楽』6,7月号は、追悼と連載の最終回 その1 [掲載記事・取材など]

『和楽』6,7月号は、追悼と連載の最終回 その1

もう既にご覧になった方もおられると思いますが、現在発売中の『和楽』6,7月号は、ドナルド・キーンの追悼と連載「鬼怒鳴門亭日乗」の最終回でした。

当然父が亡くなったことによって最終回を迎えたわけですが、感無量です。

読者の皆様や『和楽』の編集部の皆様に心から感謝の気持ちを捧げたいと思います。

追悼のトップページに、「キーン先生、本当にありがとうございました。」とありますが、そのまま、「読者の皆様、『和楽』の編集部の皆様、本当にありがとうございました。」お返しさせて頂きたいと思います。

追悼のページは、素敵なドナルド・キーンの写真と文章で飾られていました。

DSC02833.JPG
DSC02834.JPG
DSC02835.JPG
DSC02836.JPG
DSC02837.JPG
DSC02838.JPG

nice!(2)  コメント(3) 

去年の今日(2018年5月10日) [ドナルド・キーン]

去年の今日(2018年5月10日)

去年の今日はどうしていたかとまた考えてしまいました。

7時半ころ起きて、8時には朝食、お皿を洗って、書斎で執筆。お昼頃の写真は撮らなかったようです。

夕方5時過ぎに買い物。7時半に夕食。その後は音楽の時間でした。そして気になったことがあったようで、音楽の本のページをめくって調べていました。

090.JPG
093.JPG
095.JPG
099.JPG
105.JPG
109.JPG

nice!(1)  コメント(4) 

毎日新聞の鳥越文藏先生の追悼文「運命を呼び寄せた天才」(3月4日) [掲載記事・取材など]

毎日新聞の鳥越文藏先生の追悼文「運命を呼び寄せた天才」(3月4日)

60年以上にわたる親友、早稲田大学の鳥越文藏先生の書いて下さった追悼文です。

鳥越先生は、お別れの会の日、病院から無理を押して車椅子でかけつけて下さり、弔辞を読んでくださいました。信頼する教え子が代読して下さいましたが感謝感激でした。

先日お見舞いに行って1時間半ほど父の思い出話など楽しくお話ししてまいりました。お元気そうで安心しました。

2019-03-04「運命を呼び寄せた天才」毎日新聞(鳥越文藏).jpg

nice!(2)  コメント(2) 

毎日新聞の書評欄「この3冊」(3月17日) [掲載記事・取材など]

毎日新聞の書評欄「この3冊」(3月17日)

毎日新聞の書評欄に「この3冊」というコーナーがあり。もう一か月半も前になりますが、書かせて頂きました。前もって、毎日新聞からはたぶん昨年暮れの段階で依頼がありました。息子としてドナルド・キーンの著書のなかから3冊を推薦してそれについて書いてください、というものでした。

大役でしたが父と相談して書かせて頂きました。3冊に絞るというのも大変でしたが、以下のように書かせて頂きました。

書き終わって毎日新聞に送ったのは、父が亡くなったその日、葬儀社の安置所から父の前でメールで送信しました。締切には少し早かったのですが、忙しくなって送る時間がなくなると思ったので、父の前で朗読して父の承諾を得て(たぶん承諾してくれたでしょう)送りました。

或る意味、大変思い出に残る記事になりました。

2019-03-17「この3冊」毎日新聞(誠己).jpg

nice!(3)  コメント(11) 

お別れの会の日の音楽(4月10日) [ドナルド・キーン]

お別れの会の日の音楽(4月10日)

お別れの会に流れた音楽についてご紹介させて頂きます。

先ず写真ですが、4月3日に、父の音楽関係の翻訳を全てして下さった、また60年くらい親しいお付き合いのあった中矢一義さんに来て頂いて、お別れの会の音楽を何にするか相談しました。

因みに中矢さんは、偶然ですが私と郷里が同じ新潟で、また高校も大学も同じで大先輩です。

先月文藝春秋から出版された『ドナルド・キーンのオペラへようこそ!ーわれらが人生の歓びー』についても翻訳や構成、編集など大きな協力をして下さいました。


献奏

 

*ジョルジュ・ビゼー《カルメン第1組曲》

トラック12 第3幕への間奏曲 231

小澤征爾指揮フランス国立管弦楽団

WARNER CLASSICS WPCS-23026

 

 

献花

 

1)Verdi: Don Carlo: Te che le vaina (Atto IV)

  Maria Callas: Verdi Aria I (EMI Classics 5 66460 2)

 【*ヴェルディ《ドン・カルロス》第4

 〈この世のむなしさをご存じのあなたよ〉】

  使用箇所:トラック6(1036)

 

 

 

2)GLUCK: ORPHEE ET EURIDICE

     グルック《オルフェオとエウリディーチェ》

  使用箇所 ディスク1 トラック30

  第2幕第2場〈聖霊の踊り〉6分25

 

3)Puccini: Tosca Act 2 Vissi DArte, Vissi DAmore

     プッチーニ:トスカ 第2幕〈歌に生き、恋に生き〉

     Callas: Tosca Disc 2  Track 9 (CD66) 3

 

4) MOZART: LE NOZZE DI FIGARO

   モーツァルト《フィガロの結婚》

   4幕バルバリーノのカヴァティーナ〈なくしちゃった。困ったわ〉

 使用箇所:ディスク2 トラック15148秒)

 

 

5)ジョルジュ・ビゼー《真珠採り》のなかから、

〈かすかに聞こえる声・・・/耳に残るは君の声〉レオポルド・シモノー

DG UCCG-3007

使用箇所:トラック8(531秒)

 

6)チャイコフスキー《エウゲニー・オネーギン》第一幕第二場

 タチアーナ〈手紙の場〉1338秒(冒頭から3or5or92秒から?)9 or 5

Disc 1 Track 14

 

7)ワーグナー《神々の黄昏》〈ブリュンヒルデの自己犠牲〉

キルスティン・フラグスタート(ソプラノ) フルトヴェングラー指揮フィルハーモニア管弦楽団

使用箇所:ディスク1 トラック61938秒)

DSC02400.JPG
DSC02399.JPG
DSC02401.JPG

nice!(3)  コメント(4) 

ドナルド・キーン、去年の5月1日 [ドナルド・キーン]

ドナルド・キーン、去年の5月1日

今日から年号が令和になりました。

父は令和を見ずに世を去りましたが、なんとなく去年の今はどうしていたか気になりました。

朝から原稿に向かい、午後には東京新聞の取材で、お気に入りのケーキ屋さんCocofulu cafeに行きました。

夕食も、白ワインとお刺身と鮭のステーキをペロリと食べました。

そして夕食後はマリア・カラスをDVDで楽しみました。

私も浄瑠璃の稽古に励んでいました。

この日着ていたシャツはロンドンで買ったお気に入りのシャツで、このシャツを着て天国へ行きました。

007.JPG
025.JPG
031.JPG
035.JPG
036.JPG
049.JPG

nice!(2)  コメント(5) 

私の追悼文「父を想う」(文藝春秋5月号) [掲載記事・取材など]

私の追悼文「父を想う」(文藝春秋5月号)

私の追悼文「父を想う」が現在発売中の文藝春秋5月号に掲載されています。他にも追悼文を頼まれたのですが、文藝春秋の巻頭随筆は特別なので、忙しかったのですがこれだけは無理をして書きました。

2019-04-10文藝春秋5月号巻頭随筆「父を想う」1.jpg
文藝春秋2019年5月号キーン誠己「父を想う」1.jpg
文藝春秋2019年5月号キーン誠己「父を想う」2.jpg
文藝春秋2019年5月号キーン誠己「父を想う」3.jpg

nice!(2)  コメント(10) 

教え子のお見舞い(1月4日) [ドナルド・キーン]

教え子のお見舞い(1月4日)

父にとって、教え子や親しい友人の来訪はとても嬉しいものでした。1月4日にオレゴン州のポートランド州立大学で日本文学を教える愛弟子、ラリー・コミンズ先生が見舞って下さり、笑顔で迎えました。

R0000007.JPG
R0000005.JPG

nice!(2)  コメント(6) 
前の10件 | -