So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

日比谷図書文化館でドナルド・キーン追悼企画 [ドナルド・キーン]

日比谷図書文化館でドナルド・キーン追悼企画

ご覧のように日比谷図書文化館にて、大変興味深いドナルド・キーン追悼企画が、9月25日と10月18日の両日にわたって開催されます。両日ともきっと素晴らしい講演会になると思います。どうぞ皆様よろしくお願い致します。私も伺いたいです。



2019-09-25,10-18ドナルド・キーン追悼企画(日比谷図書文化館).jpg

nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:演劇

旅立ちの衣類など2 [ドナルド・キーン]

旅立ちの衣類など2

柏崎のデュエット・トークについては、今少しお待ちください。

「旅立ちの衣類など」の二回目です。

使い慣れた白いハンカチ、そしてメガネ。

メガネは、本を読むことが多いと思い、近いところが見やすい方にしました。

靴下は、いつも決まったものしかはきませんでしたので、新しいものをはいてもらいました。

ズボンのベルトもいつもしていたものでした。

他にも、いろいろあるのですが、写真が出て来た段階でアップさせて頂きます。

DSC01293.JPG
DSC01294.JPG
DSC01295.JPG
DSC01297.JPG

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:演劇

オペラにつていデュエット・トーク(9月7日) [ドナルド・キーン]

オペラにつていデュエット・トーク(9月7日)

9月7日は土曜日ですが、以下のチラシのように、ドナルド・キーン・センター柏崎でなにやら楽し気なオペラについてのデュエット・トークがあるそうで、私もこれはと思い拝聴にうかがうことにしました。


トークのお二人は、当ブログでも度々ご登場頂いている、父の親友と言ってもよい中矢一義先生と、『ドナルド・キーンのオペラへようこそ!ーわれらが人生の歓びー』を編集して下さった文藝春秋の名編集者、曽我麻美子さんです。父のことを十分に知り尽くしておられるお二人のトークがどんなふうになるか今から楽しみでなりません。

中矢先生、曽我さん、よろしくお願い致します。

写真は、2013年にドナルド・キーン・センター柏崎でオペラについて講演した時のものです。確か《椿姫》だったと思います。一枚は控室でのものです。

086.JPG
076.JPG



nice!(2)  コメント(5) 
共通テーマ:演劇

旅立ちの衣類など1 [ドナルド・キーン]

旅立ちの衣類など1

少し悲しいお話で、申し訳ございません。記録として残し、公開させて頂くことも意味のあることと思いご紹介させて下さい。

父が旅立った時に着ていた衣類などです。

医師に後数日の命です、と言われたとき、周囲の方たちに言われて慌てて準備しました。どんな気持ちで準備したかも忘れてしまいましたが、意外と冷静だったかもしれません。

最初は、ジャケットです。ミラノで教え子の家に洋服屋さんに来てもらってあつらえたものだと思います。ふだんから一番よく着ていました。少し古びていましたが、色合いも、着易さも気に入っていたようです。いつ頃のものか分かりませんが、40年とか50年前かもしれません。

次はネクタイですが、これは二番目に気に入っていたものです。一番気に入っていたものは、私にとっていろいろ思い出があり過ぎるので、二番目のものにしてもらいました。

次がシャツです。これは私のものでしたが、父が気に入ってついに父ばかり着るようになってしまいました。ブランドはブルックスブラザーズのものでした。しかしもう着古していて、色も褪せているし、ちょっとかわいそうに思いました。そこで思いついたのが、2017年にロンドンでピンクというお店で自ら気に入って選んだものに代えました。今その写真が見つからないのですが、必ずありますのでその時にご紹介させて頂きます。色は水色で、ストライプでした。

ネクタイとシャツでお分かりのように、父はブルー系が好きです。次はグリーンとブラウンでしょうか。赤系統と黒は嫌いでした。

次はカーディガンです。これもブルックスブラザーズですが、私とお揃いで二着あるものの一着で、白い汚れがありますが、なんの汚れか不明です。いずれにしても父が着慣れたものです。

今回の最後は、パンツです。これも長年気に入ってはいていたものです。

DSC01290.JPG
DSC01292.JPG
DSC01298.JPG
DSC01299.JPG
DSC01300.JPG

nice!(1)  コメント(9) 
共通テーマ:演劇

北区中央図書館での展示 [ドナルド・キーン]

北区中央図書館での展示

先日掲載した北とぴあでの「ドナルド・キーンと平和」展ですが、現在北区中央図書館に移されて展示されているそうです。今月いっぱいだそうです。

図書館での展示の様子を、図書館の松元さんが写真で送って下さいました。

北とぴあでの展示よりずっと見栄えがするようで、よかったです。

DSC_0239図書館松元さん.JPG
DSC_0240図書館松元さん.JPG

nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:演劇

二年前の軽井沢にて [ドナルド・キーン]

二年前の軽井沢にて

父は毎年夏に軽井沢で過ごすことをとても楽しみにしていました。昨年は、とても行きたがったのですが、体調が勝れずとうとう行けませんでした。とても残念なことでした。

一昨年の夏が父にとって最後の軽井沢でしたが、写真はその頃の様子です。2017年8月半ばころです。今思うと最後の軽井沢を満喫したと思います。

019 (678x1024).jpg
005.JPG
007.JPG
009.JPG
012.JPG



nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:演劇

東劇でMETアンコール2019の《カルメン》(8月2日) [ドナルド・キーン]

東劇でMETアンコール2019の《カルメン》(8月2日)

この日は、午前中に北とぴあで「ドナルド・キーンと平和」展を見た後、午後は2時半から東銀座の東劇でMETアンコール2019の《カルメン》を鑑賞しました。

《カルメン》は、「ドナルド・キーン先生追悼記念上映」の演目でしたし、この日がアンコール2019の初日でしたから是非と思って行きました。とても素晴らしい上映でした。

またロビーでは私の写真による、「ドナルド・キーン写真展」(METと自宅と東劇と)が開催されていました。私の写真をこのように使って頂けることは、嬉しいことでした。父も喜んでいるでしょう。

DSC03626.JPG
DSC03618.JPG
DSC03619.JPG
DSC03620.JPG
DSC03621.JPG
DSC03622.JPG
DSC03625.JPG

nice!(1)  コメント(5) 
共通テーマ:演劇

「ドナルド・キーンと平和」展(8月2日) [ドナルド・キーン]

「ドナルド・キーンと平和」展(8月2日)

王子の北とぴあで、「ドナルド・キーンと平和」展があったので行ってきました。どちらかというと、こじんまりしてささやかな展示でしたが、心のこもった良い展示だと思いました。現在は北区中央図書館に移されて展示されていると思います。

DSC03608.JPG
DSC03598.JPG
DSC03600.JPG
DSC03602.JPG
DSC03603.JPG
DSC03604.JPG

nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:演劇

父が私の為に書いたパンフレット(2007年) [ドナルド・キーン]

父が私の為に書いたパンフレット(2007年)

私がドナルド・キーンと出会って間もないころ、2007年、ひょっとして2008年かもしれません。

まだ古浄瑠璃の世界に足を踏み入れて時間のたっていない頃でしょう。私が、「自分のことを紹介するパンフレットを作りたいので、何か書いて頂けますか」とお願いしたところ、直ぐに書いてくれました。今読んでも、すごいなあ、新鮮だなあと思いますし、私がこれからも目指すべき道を既に明らかに指示してくれています。まだ親子にはなっていないときですが、親心を感じます。

プロフィールも父自身が英訳してくれました。これも綺麗な英語だなあと思います。

2007鶴澤淺造パンフ1.jpg
2007鶴澤淺造パンフ2.jpg
2007鶴澤淺造パンフ3.jpg

nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:演劇

愛用した買い物かご(5月2日) [ドナルド・キーン]

愛用した買い物かご(5月2日)

父が、マダガスカルで買ってずっと愛用してきた買い物かご。商店街を買い物するときは、だいたいこのかごを持っていましたからドナルド・キーンのトレードマークのようなものでした。

父の没後、使おうとしたら取っ手もとれているし、底も抜けてしまっていました。父の死とともに、かごも主を失った哀しさから自ら壊れてしまったのでしょうか?

直ぐに行きつけの、かばんや靴をいつも修理しに行っていた駒込駅近くのハッピー*レザーへ修理に出しました。そして5月2日に修理が出来てきました。

その足で、商店街に買い物に行きました。

父の形見として大切に保存していきたいと思っています。

DSCN2655.JPG
DSCN2656.JPG
DSCN2658.JPG

nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | -