So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

伊豆下田へ4(1月16日) [ドナルド・キーン]

伊豆下田へ4(1月16日)

この日も夕食はとても美味しいものばかりでした。父は早速お刺身から黙々と食べ始めました。父は、美味しい時は写真のように、にこりともせずに、時々、美味しい!とか、最高です!とか言いながら黙然と食べることが多いです。

金目鯛は、昨日と違い、キノコのあんかけでこれも絶品でした。アワビの美味しさにも舌鼓を打ちました。

095 (640x480).jpg
098 (480x640).jpg
101 (640x480).jpg
106 (480x640).jpg
110 (640x480).jpg
112 (640x480).jpg

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

伊豆下田へ3(1月16日) [ドナルド・キーン]

伊豆下田へ3(1月16日)

石廊崎の海と岩、空の織りなす冬の風景は見応えがあり、美しいと思いました。短時間でしたが外に出て風景を楽しみました。

それからお目当ての、リニューアルなった上原美術館へ伺いました。下田に来る大きな楽しみです。


今回初めて仏教館を拝見しましたが、とてもいい仏像が沢山展示されていて楽しく時間を過ごしました。学芸員の田島さんに分かり易く、丁寧に説明して頂きました。こんなふうにゆったり仏像を拝見できるのはなかなか贅沢でした。

仏教館見学の後、仏教館の前で、田島さん、土森さんと記念撮影し、それから近代館で絵画を拝見しました。こちらはこれまで何度は伺っていますが、いつも素晴らしいです。

展示されている絵画もひとつひとつが素晴らしいですし、展示されている絵画の数、展示室の見やすさなど、父や私にはちょうどよく、いつもとても快適で楽しい見学をさせて頂きます。

土森さんがやはり丁寧にひとつひとつ説明して下さいました。

写真は、クロード・モネの絵ですが、ノルウェーの雪の風景だそうです。山の雪、屋根の雪、地面の雪、それぞれの色や光の感じ、空の感じなど、いつまでも見ていたい絵でした。

親友の下田在住の陶芸家・土屋典康さんの作品も展示されていて父は大いに喜びました。今回は、土屋さんは少しお風邪気味とのことで、父にうつすことを心配され、残念ながらお目にかかることを断念しました。しかし、この日わざわざ美術館まで会いに来て下さり、少し遠目からお目にかかりました。

070 (640x480).jpg
074 (640x480).jpg
077 (640x480).jpg
080 (640x480).jpg
082 (640x480).jpg
086 (640x480).jpg

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

伊豆下田へ2(1月16日) [ドナルド・キーン]

伊豆下田へ2(1月16日)

この日も朝食後、お昼まで読書と音楽でした。部屋にBOSEのCDプレイヤーがあるのが素晴らしいです。

お昼過ぎには、二年半前の下田市民会館での講演会で大変お世話になり、下田に来るたびに訪れる上原美術館の土森さんが迎えに来て下さいました。そして、以前にも当ブログでご紹介させて頂いたことのある、いし塚で父の大好物の天ぷらうどんを頂きました。


父にとってやはり、おそばよりおうどんです。

この日も大変美味しく頂きました。

その後、石廊崎へ案内して頂きました。

少し風がありましたが、車から降りてしばし絶景を楽しみました。


056 (640x480).jpg
062 (640x480).jpg
063 (640x480).jpg
064 (640x480).jpg
068 (640x480).jpg
069 (640x480).jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

伊豆下田へ1(1月15日) [ドナルド・キーン]

伊豆下田へ1(1月15日)

お正月が明けると10日前後に、毎年伊豆へ行くのがならいですが、今年は15日から二泊で下田へ行って、のんびり保養してきました。

13:00東京駅発のJRスーパービュー踊り子7号に乗って、伊豆急熱川を通過して、15:42に伊豆急下田に到着しました。

宿泊は、下田セントラルホテルで、部屋に入ると早速持参したCDを聞きながら読書を始めました。CDは、グレン・グールドでした。生では、2,3回聞いたことがあるそうです。


夕食は、伊豆に来る大きな楽しみのひとつですが、お刺身やお魚の、心尽くしのお料理でした。ご覧の通り、父は黙々として時々、最高に美味しい!と言いつつ平らげました。大好物の金目鯛の煮付けもあり、大喜びでした。

032 (640x480).jpg
037 (640x480).jpg
039 (640x480).jpg
045 (480x640).jpg
050 (480x640).jpg
054 (480x640).jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

雪の残る道(1月25日) [ドナルド・キーン]

雪の残る道(1月25日)

寒い日でした。そして道路にはまだ雪がかなり残って凍てついていました。しかし一日中家にいることは運動不足が心配なので、近くの商店街に4時頃に買い物に行きました。

002 (424x640).jpg
003 (424x640).jpg
005 (424x640).jpg

nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:演劇

ロンドン(6月10日-2)137 [ドナルド・キーン]

ロンドン(6月10日-2)137

皆さんと別れて、バスは私達親子だけで、またセント・パンクラスのホテルへと向かいました。空港からなにやかやで一時間はかかったと思います。ホテルにバスが着いた時の写真は、撮り損ねてしまいました。

096 (640x424).jpg
097 (640x424).jpg
099 (640x424).jpg
100 (640x424).jpg
101 (424x640).jpg
102 (640x424).jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ロンドン(6月10日-1)136 [ドナルド・キーン]

ロンドン(6月10日-1)136

ここからまた、ロンドンの項目にさせて頂きます。6月4日からの続きということで、136にしました。

ソールズベリーを出発して約2時間でロンドンのヒースロー空港に着きました。ここでBSNの撮影スタッフとドナルド・キーン・センター柏崎の中津さん、大西さんらは帰国する為に、バスを降りて、私達親子とお別れです。長い間ありがとうございました。

090 (640x424).jpg
091 (640x424).jpg
092 (640x424).jpg
093 (640x424).jpg
094 (640x424).jpg
095 (640x424).jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ソールズベリー(6月10日-12)32 [ドナルド・キーン]

ソールズベリー(6月10日-12)32

皆揃ってさあ出発です。ソールズベリーに別れを告げ、バスは田舎道を走り始めました。ソールズベリーでジェーン・ガーネットに会ったことは、素晴らしい思い出になりました。

080 (640x424).jpg
081 (640x424).jpg
082 (640x424).jpg
083 (640x424).jpg
084 (640x424).jpg
088 (424x640).jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ソールズベリー(6月10日-11)31 [ドナルド・キーン]

ソールズベリー(6月10日-11)31

いよいよホテルをチェックアウトして出るところです。通りには、ずっとチャーターしていたバスが待っていました。父は私のリュックサックを持ってくれました。

074 (424x640).jpg
075 (640x424).jpg
076 (640x424).jpg
077 (640x424).jpg
078 (640x424).jpg
079 (640x424).jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ソールズベリー(6月10日-10)30 [ドナルド・キーン]

ソールズベリー(6月10日-10)30

大聖堂から、ホテルに一度戻りました。部屋に戻るエレベーターの中で父は、ふざけていました。

そして部屋では出発の準備が整いました。午後1時頃でした。

066 (640x424).jpg
068 (640x424).jpg
069 (424x640).jpg
070 (424x640).jpg
071 (640x424).jpg
073 (424x640).jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇